離婚したら子どもの姓(苗字)、戸籍はどうなる?変更手続きも解説

離婚後の手続き・生活設計
■ 離婚したら子どもの姓(苗字)、戸籍はどうなるの?
■ 自分と同じ姓、同じ戸籍に入れるためにはどうしたらいいの?

この記事は上記のような疑問、悩みにお応えする内容になっています。

婚姻時に姓を変えた方(特に、女性の場合)は、離婚後は姓を旧姓に戻すか、婚姻時の姓を使用し続けるのかを選択しなければいけません。では、子どもの姓(苗字)、戸籍はどうなるのでしょうか?「親権をもったから子どもの姓も当然に自分と一緒になる」と思ってはいませんか?

そこでこの記事では、婚姻時に女性の方が夫の姓に変えることが多い、離婚後は女性が親権をもつこと(子どもと一緒に生活すること)が多い、という現状に鑑みて、女性の立場から、離婚後の姓や戸籍、子どもの姓と戸籍を変更するための手続きについて解説していきたいと思います。

離婚したら子どもの姓(苗字)、戸籍はどうなる?

まず、結論から申し上げると、離婚しても子どもの姓と戸籍は変わりません。この結論は、あなたが子どもの親権をもち、離婚後、子どもと一緒に生活することになっても変わりません。

一方、あなたは旧姓に戻るか、婚姻時の姓を使用し続けるのかを選択できます。ただ、いずれを選択した場合でも、あなたの戸籍は夫の戸籍から抜けます(除籍されます)。

 

子どもの姓と戸籍を変更する方法

離婚後、子どもの姓と戸籍を変えるには次の手続きを踏む必要があります。

【子どもの姓と戸籍を変更するための手続き】

① 離婚時に新しい戸籍を作る(旧姓に戻る場合、婚姻時の姓を名乗る場合いずれも)

② 家庭裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立てる(※1)

許可される
=子どもの姓が変更される

家庭裁判所から審判書謄本が自宅に郵送される

③ 入籍届(役所で入手できます)と審判書謄本を役所に提出(※2)

子どもの戸籍があなたの戸籍に入る

子どもの戸籍を自分の戸籍に入れたい場合は、離婚後は新しい戸籍を作る必要があります。

そして、離婚後、旧姓に戻ることを選択する場合は、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」欄の「□新しい戸籍を作る」にチェックを入れ、その下の欄に新しい(離婚後の)戸籍の本籍を記入します。一方、婚姻時の姓を使用し続けることを選択する場合は、役所に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する必要があり、同届の「離婚の際に称していた氏を称した後の本籍」欄に新しい戸籍の本籍を記入する必要があります(①)。

その後、旧姓に戻ることを選択する場合は、家庭裁判所から子どもの姓(氏)を変更するための許可をもらうために申し立てを行います(②)。一方、婚姻時の姓を使用し続ける場合も基本的には必要ですが、子どもがあなたの戸籍への入籍を希望する場合は許可を得る必要はありません(詳細は、入籍届を提出する役所の戸籍係に確認してください)。

【子の氏の変更許可の申し立て方法】
●申立人
子供(15歳未満の場合は親)

●申立先
子供の住所地を管轄する家庭裁判所(※子供が複数いる場合は、そのうち一人の子供の住所地を管轄する家庭裁判所)
参考:裁判所の管轄区域 | 裁判所

●申立てに必要な費用
□ 800円の収入印紙(子供一人につき)※申立書に貼付します
□ 郵便切手代 ※申立先の家庭裁判所に問い合わせてください

●申立てに必要な書類
□ 申立書(15歳未満用/15歳以上用
□ 子供の戸籍謄本
□ 父・母の戸籍謄本(※離婚の記載のあるもの)
※離婚成立後に、婚姻時の戸籍(除籍)謄本を取得すれば1通で足ります。

●申立て方法
申立書等を直接持参又は郵送

家庭裁判所が申し立てを許可したら、自宅に許可の内容を書いた審判書謄本という書類を郵送してくれます。その審判書謄本と入籍届を役所に提出し受理されれば、子どもの戸籍があなたの戸籍に入ります(③)。

【入籍届の方法】
●届出先の役所
子供の本籍地又は届出人の所在地のある役所

●届出(受付)日時
届出される役所のホームーページでご確認ください

●提出する人
届出人又はその代わりの方(使者)

●届出に必要なもの
□ 入籍届
□ 審判書謄本
□ 印鑑
□ 戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。