離婚成立を阻止するための離婚届不受理申出とは?申出方法も解説

離婚の手続き
■ 勝手に離婚を成立させられないための方法は?
■ 離婚成立を阻止するための方法は?

この記事は上記のような疑問、悩みにお応えする内容となっています。

相手ははやく離婚したいと思っている、でもあなたは反対している。こんなときに、相手に勝手に離婚届を役所に出されて受理され、形式的には離婚が成立してしまうことがあります

また、離婚が成立すると、あなたの戸籍や氏(姓)も勝手に変わってしまう可能性があるのです。勝手に成立した離婚を無効とするためには、調停等の手続きを踏む必要があります。

今回はこうした事態にならないための事前の対策について解説したいと思います。

離婚成立を阻止する方法は?

相手に勝手に離婚届を出され、離婚が成立することを阻止する方法は役所に離婚届不受理申出をしておくことです。

離婚届の提出を受けた役所の担当者は、離婚届が定められた方式に従って書かれているかどうかだけをチェックします。つまり、夫婦に離婚意思があるかどうかまではチェックする権限はありませんし、チェックすることも不可能です。

そこで、相手に形式の整った離婚届を出されてしまうと形式的には離婚が成立してしまうことがあるのです。これを阻止するための制度が離婚届不受理申出です。

離婚届不受理申出の方法

離婚届不受理申出を行うには、「離婚届不受理申出書」という書式に必要事項を記入の上、申出人(申出する方)の本籍地又は住所地がある役所の戸籍係に提出します。病気などやむを得ない理由がある場合を除いて、直接役所に持参して提出する必要があります。郵送、代理による提出は原則不可です。

離婚届不受理申出書の書式は、ネット上からダウンロードすることが可能です。ただし、A3用紙でをプリントアウトする必要があります。そのほか、役所の窓口で直接受け取るか、問い合わせれば郵送してもらえることもあります。

提出の際は、申出書のほか「身分証明書」も忘れずもっていきましょう。

書式:離婚届不受理申出書 | 大阪市

離婚届を受理され、離婚が成立してしまったら?

万が一、離婚届不受理申出をする前に離婚届を出され、受理されると形式的には離婚が成立する可能性があります。ただ、離婚は夫婦双方に離婚意思がなければ実質的には成立しません。つまり、離婚届を勝手に出され成立した離婚は無効なのです。

もっとも、離婚が無効であることを確定させるには、まずはじめに家庭裁判所に対して調停(協議離婚無効確認調停)を申し立てる必要があります。そして、調停で離婚が無効であることにつき合意し、役所で一定の手続きをとってはじめて公的に離婚を無効とすることが可能です。

関連記事
  • 離婚届を勝手に出されたら?離婚を無効とする方法などについて解説

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の執筆者
小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士 小吹 淳
HP :https://rikon-gyouseishoshi.com/

離婚協議書、離婚公正証書をはじめとする家族(夫婦)間契約書を中心に作成する行政書士です。書面作成、その他面談等ご希望の方は、本サイトの「お問い合わせ」又は上記HPの「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

離婚の手続き
離婚のお悩み相談室