離婚成立を阻止するための離婚届不受理申出とは?申出方法も解説

離婚の手続き

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

離婚では、

  • 相手が離婚届にあなたの名前を書いて勝手に提出する
  • あなたがサインした離婚届を、相手があなたの知らない間に提出する

などということが起こりえます。

こうした事態を防止するための措置が離婚届不受理申出です。

申出は難しくありませんので、少しでも離婚届を勝手に出されそうだという場合は、はやめに離婚届不受理申出を行っておくことをお勧めします。

この記事を読んでわかること

  • 離婚届不受理申出が何かがわかる
  • 申出のやり方がわかる
  • 離婚届が受理された場合の対処法がわかる

 

離婚届不受理申出は離婚届を受理されないための制度

冒頭でも触れましたが、離婚届不受理申出相手に離婚届を勝手に出され、受理されないために設けられたの制度です。

離婚では、

  • 離婚について合意できない
  • 話し合いができない、進まない

などという場合に、相手に離婚届を出されてしまうことがあります。

そして、離婚届の提出を受けた役所の担当者が離婚届を勝手に出されたことを何らかの方法で確認できればよいのですが、担当者にそこまで確認する権限はありませんし、確認するための時間的余裕もありません。

そのため、離婚届に誤字、脱字がないかなど形式面をクリアすれば離婚届は受理されてしまう可能性があるのです。

離婚届が受理されると、形式上は離婚が成立します。

離婚届不受理申出は申出書を役所に提出

離婚届不受理申出を行うには、「離婚届不受理申出書」という書式に必要事項を記入の上、申出する方(申出人)の本籍地又は住所地がある役所の戸籍係に提出します(病気などやむを得ない理由がない限り、直接持参して提出するのが原則です(郵送、代理による提出は原則不可))。

離婚届不受理申出書の書式は、役所のホームページに掲載されていることもありますので、そこからダウンロードして入手することが可能です。

ホームページに掲載されていない場合は窓口で直接受け取るか、問い合わせれば郵送してもらえる場合もあります。

提出の際は、申出書のほか「身分証明書」、「印鑑(シャチハタ不可)」を忘れずに持参しましょう。

離婚届を受理され、離婚が成立してしまったら?

万が一、離婚届が受理されると形式的には離婚が成立してしまいます。

もっとも、あなたは現段階では、相手と離婚する意思はないのですから、実質的にみれば離婚は無効です。

ただ、そのまま事態を放置しておいても離婚は当然には無効とはなりません

離婚を無効とするには、あなたの方から家庭裁判所に対して調停を申し立てる必要があります

離婚調停の申し立て方法などにつきましては以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

関連記事:離婚届を勝手に出されたら?離婚を無効とする方法などについて解説

まとめ

離婚届を勝手に出され受理されるのを防止するためには離婚届不受理申出を行っておくことが大切です。

申出のほかにも、

  • 離婚届に簡単にサインしない
  • サインした離婚届をそのまま放置しない

という点に気をつけることができれば、離婚届を勝手に出されるという事態は防げるのではないかと思います。