離婚届を休日に提出する場合の注意点と受理・不受理の場合の流れ

離婚の手続き
■ 離婚届は休日に提出できないの?
■ 離婚届を休日に提出する場合の注意点を知りたい

この記事は上記のような疑問、悩みにお応えする内容となっています。

協議離婚の場合、離婚届を役所に提出して受理してもらわなければ離婚は成立しません。ただ、仕事や家事・育児などで平日役所に行く時間をとれず、休日に提出することをご検討される方も多いと思います。

そこで、この記事では離婚届を休日に提出できるのかや、提出する際の注意点などについて解説していきたいと思います。なお、離婚届の書き方や必要書類については以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせてお読みいただければと思います。

 

離婚届を休日に入手する方法

離婚届を休日に入手方法は次のとおりです。

■ 役所の「宿直室」へ行き、職員から直接受け取る
■ インターネットからダウンロードする(※A3サイズで)
参考:離婚届 | 札幌市

なお、自治体以外にも様々な方が離婚届をネットにアップしていますが、自治体がアップした離婚届が不備がなく安心して使えると思います。札幌市以外にも仙台市、東京都新宿区、横浜市、さいたま市、千葉市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市がネットにアップしています。

これら以外の自治体にお住いの方は、一度「離婚届 書式 ●●(自治体名)」で検索してみてください。離婚届をアップしていない自治体もありますが、離婚届の内容(書くべきこと)は全国共通ですから、住まいに関係なくダウンロードして使うことができます(たとえば、鹿児島市にお住いの方が札幌市の離婚届をダウンロードして使うこともできます)。

※離婚届をプリントアウトする方法
離婚届をダウンロードした後はプリントアウトしなければいけませんね。ご自宅にA3サイズ対応のプリンタをお持ちの場合は問題ありませんが、①A3サイズ対応のプリンタをお持ちでない方、②そもそもプリンタをお持ちでない方は別の対応を考える必要があります。①の方は、離婚届をA4サイズでプリントアウトし、コンビニのコピー機でA3サイズに拡大コピーするとよいでしょう。②の方は、㋐ USBなどの記録媒体にダウンロードした離婚届のデータを保存し、コンビニのコピー機に記録媒体を差し込み、データを読み込んでプリントアウトする ㋑ ネットプリントサービスにログインし、ダウンロードした離婚届のデータをサービス内に保存して登録番号を取得し、コンビニのコピー機に登録番号を入力してプリントアウトする ㋒ 専用のスマホアプリにダウンロードした離婚届のデータを保存し、スマホとコンビニのコピー機をWi-Fiで接続してプリントアウトする 方法があります。

離婚届は休日でも提出できる?

離婚届は休日でも提出できます。提出する場所は宿直室の窓口です。

また、休日に限らず、平日の開庁時間外でも提出できます。休日や平日の時間外に提出する場合は、提出先の役所のホームページで、受付曜日・時間帯を確認しておきましょう。

離婚届の提出方法は、直接窓口に提出する方法のほか、「郵送」又は「代理人」による提出もあります。

窓口に提出する場合、離婚届に軽微な不備があっても、その場で訂正して提出することができます。一方、郵送や代理人による提出の場合、あらためて届出人(夫婦の一方)が役所に行き、窓口で訂正する必要があります(訂正しない限り、離婚届は受理されず離婚は成立しません(協議離婚の場合))。

 

離婚届を休日に提出する場合の注意点

離婚届を休日に提出する場合は次の点に注意してください。

離婚届を受理してもらえない

一つ目に、離婚届をその場で受理してくれないという点です。

協議離婚の場合、離婚届が受理されない限り離婚は成立しません(調停の場合は調停が成立した段階で離婚が成立します(ただし、成立日から10日以内に離婚届を提出する必要があります))。

そもそも、役所が離婚届を受理するには、役所で離婚届の記載事項や提出書類に不備がないかどうかチェックする必要があります。ところが、休日ではそのチェック体制が整っていないため、離婚届を休日に提出したとしても受理してもらえないのです。

離婚届を休日に提出した後の流れ

では、離婚届を休日に提出した後、どのような流れで処理されるのかみていきましょう。

まず、離婚届を休日に提出した場合は、離婚届を「いったん預かる」という形で処理されます(下記②)。そして、形式面のチェックは役所の開庁日(平日)に行われ(同③)、不備がなければ受理されます(同④)。この場合、離婚成立日はチェックが行われた日ではなく、離婚届を提出した休日の日(届出日)となります

一方、離婚届に不備がある場合は担当者から連絡が入り、後日、役所に出向いて訂正事項を訂正しなければなりません。ただ、訂正した場合の離婚成立日も届出日となります。

【離婚届を休日に提出した場合の処理の流れ】

① 離婚届提出
(令和●年●月●日(土曜日))


② 離婚届預り

③ 離婚届、必要書類のチェック
(令和●年●月✕日(月曜日))

④ 不備→なし→離婚届受理→離婚成立
離婚成立日は令和●年●月●日(土曜日)


あり

訂正→離婚届受理→離婚成立
離婚成立日は令和●年●月●日(土曜日)

※不備のない離婚届とするために
離婚届に不備があると、役所に足を運ばなければならなくなるなど手間暇がかかります。そこで、不備のない離婚届を作成したいところです。不備のない離婚届を作成するには、離婚届に何をどうかくべきなのか、はやい段階から把握しておくことが必要です。冒頭でご紹介したコチラの記事では、離婚届の書き方から提出方法までを一気に解説しています。ぜひ一度お読みいただければと思います。

 

離婚届受理証明書をその日に発行してもらえない

離婚届受理証明書とは離婚届が正式に受理されたことを証明するための文書です。離婚届受理証明書は、健康保険の被扶養者から外れる際国民健康保険、国民年金などに加入する際などに必要となる書類です。

ただ、前述のとおり、離婚届を休日に提出しても受理してくれませんから、離婚届受理証明書も離婚届を提出した日には発行されません。「離婚届受理証明書をいますぐ欲しい」という方は休日ではなく、平日の開庁時間内に提出しましょう。

離婚届受理証明書を入手するには①役所の戸籍係の窓口で申請する方法と②郵送により申請する方法があります。いずれの方法を取る場合でも、申請には、申請書、手数料(※1)、身分証明書(※2)が必要です。

※1 1通350円、上質紙の場合は1通1,400円 / 郵送の場合は定額小為替又は現金書留
※2 運転免許証など / 郵送の場合はコピーを同封します

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の執筆者
小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士 小吹 淳
HP :https://rikon-gyouseishoshi.com/

離婚協議書、離婚公正証書をはじめとする家族(夫婦)間契約書を中心に作成する行政書士です。書面作成、その他面談等ご希望の方は、本サイトの「お問い合わせ」又は上記HPの「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

離婚の手続き
離婚のお悩み相談室