離婚届を休日に提出する場合の注意点と受理・不受理の場合の流れ

離婚の手続き

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

仕事、家事、育児をしながら、離婚届を平日に役所に提出しに行くというのはなかなか大変なことですよね?

そのため、

  • 離婚届を休日に出せないか?
  • 離婚届を休日に提出して何か問題はないか? 

などとお考えになる方も多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では、離婚届を休日に提出する際の注意点などについて詳しく解説します。

上記のような悩みをお持ちの方は、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてくださいね。

この記事を読んでわかること

  • 離婚届の入手方法がわかる
  • 離婚届を休日に提出する際の注意点がわかる

 

離婚届の書式の入手方法は?

離婚届の書式の入手方法

 

 

の2つの方法があります。

役所に行って直接受け取る場合、平日は戸籍係の窓口で受け取ることができますが、休日は窓口が閉まっています。そこで、休日は、宿直室という場所に行き、職員に「離婚届の書式を受け取りにきた」といえば職員から交付してもらえます。

インターネットからダウンロードする場合は、A3用紙でプリントアウトしなければならないことを忘れないでください。

 

離婚届は休日でも提出できる?

離婚届は休日でも提出できます。

提出する場所は宿直室の窓口です。

なお、休日に限らず、平日の開庁時間外でも提出することもできます

休日や平日の時間外に提出する場合は、あらかじめ提出する市区町村役場のホームページなどで、受付曜日、時間帯を確認した方が安心です。

なお、離婚届の提出方法は、窓口に直接提出する方法のほか、

  • 郵送
  • 代理人による提出

もあります。

窓口で提出する場合、離婚届に不備があってもその場で訂正がきくような不備であれば、その場で訂正して再提出するということが可能です。

一方で、郵送や代理人による提出の場合、離婚届に不備があるとあらためて届出人(夫婦の一方)が役所に行き、窓口で訂正しなければならない点に注意が必要です。

離婚届の郵送については以下の記事で詳しく解説していますのでよかったら参考にしてくださいね。

関連記事:離婚届は郵送できる?メリット・デメリット、注意点、添付資料を解説

 

離婚届を休日に提出しても受理してもらえない

離婚届を休日に提出する場合の注意点として、離婚届をその場で受理してくれないという点です。

そもそも、離婚届が受理されるには、役所の担当者が離婚届の記載事項や提出書類に不備がないかどうかのチェックを経る必要があります。

ところが、休日ではチェックする体制が整っていないため、休日に離婚届を提出したとしても受理してもらえないというわけです。

離婚届を休日に提出した場合にどのような流れで処理されるのかみていきましょう。

まず、離婚届を休日に提出した場合は、離婚届を「いったん預かる」という形で処理されます(下記②)。

そして、形式面のチェックは役所の開庁日(平日)に行われ(同③)、不備がなければ受理されます(同④)。

離婚届が受理された場合、離婚成立日はチェックが行われた日ではなく、離婚届を提出した休日の日となります。

一方、離婚届に不備がある場合は担当者から連絡が入り、後日、役所に出向いて訂正事項を訂正しなければなりません(同⑤)。

そして、訂正後に離婚届が受理され、訂正した日が離婚成立日となります(同⑥)。

 

離婚届を休日に提出した場合の処理の流れ

① 離婚届提出 

(令和●年●月●日(土曜日))

② 離婚届預り

③ 離婚届、必要書類のチェック 

(令和●年●月✕日(月曜日))

④ 不備なし → 離婚届受理 → 離婚成立

離婚成立日は令和●年●月●日(土曜日)

⑤ 不備あり→ 離婚届不受理 →離婚不成立 

→ 訂正 → ⑥離婚届受理→ 離婚成立 

離婚成立日は⑥の離婚届が受理された日

 

休日に提出する場合はその場で訂正するということができません。

休日に提出する場合は、あらかじめ離婚届の注意点、書き方のポイントを押さえた上で、不備のない離婚届を提出したいですね。

以下の記事では、失敗しないための離婚届の書き方や離婚届と一緒に提出しなければならない必要書類などに関して詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【離婚届の総まとめ】失敗しない書き方、提出方法、必要書類とは?

 

離婚届を休日に提出した場合、離婚届受理証明書をその日に発行してもらえない

離婚届受理証明書は、文字通り、離婚届が正式に受理されたことを証明するための文書です。

離婚届受理証明書は、

  • 健康保険の被扶養者から外れる際
  • 国民健康保険、国民年金などに加入する際

などに必要となる書類です。

もっとも、前述のとおり、離婚届を休日に提出しても受理してくれませんから、離婚届受理証明書も離婚届を提出した日には発行されません。

「離婚届受理証明書をいますぐ欲しい」という方は休日ではなく、平日の開庁時間内に提出しましょう。

離婚届受理証明書を入手するには①役所の戸籍係の窓口で申請する方法と②郵送により申請する方法があります。

いずれの方法を取る場合でも、申請には、申請書、手数料(※)、身分証明書(※)が必要です。

 

※1 1通350円、上質紙の場合は1通1,400円 / 郵送の場合は定額小為替又は現金書留

※2 運転免許証など / 郵送の場合はコピーを同封します

 

まとめ

離婚届は休日でも提出することは可能です。

ただ、たとえ不備のない離婚届であった場合でも、その日に受理してもらえず、平日のチェックを経てはじめて休日に受理=離婚成立という流れとなる点はあらかじめ把握しておきましょう。

離婚届に不備がある場合、窓口提出であればその場で訂正して提出することも可能ですが、休日提出、あるいは郵送提出する場合はそうはいかず、後日、訂正のため役所に出向く必要があります。

そうした事態とならないためにも、離婚届を提出する前は、離婚届の記載事項に不備がないか、必要書類に不備がないかどうか入念にチェックしましょう。